*

}PgžxQ改造車を車検に出すには注意が必要です。整備工場で検査を受ける前には、構造変更申請を行わなければいけません。構造変更申請は陸運局で申請することが出来ます。例えば車体全体を長くした場合、検査証には規定の長さが書かれているのでそのまま検査に出すことができません。申請の手続きでは、車体の長さ変更をすることが出来ます。申請後車両検査で合格した上で諸元測定をすれば検査に通ることができます。申請した上で検査をするようにしましょう。車のパーツを動かすのが好きな方は保安基準を満たしているのかを気を付けましょう。保安基準によると許されているのは指定部品のみです。車体回りにはエアをはじめスポイラーやフェンダーカバー、フードスクープがあります。またルーバーにデフレクターやエアロパーツがあります。排気系にはエキゾーストやパイプ、マフラーカッターがあります。車内の指定部品は、空気清浄機やオーディオ、無線機があります。走行装置にはタイヤやホイールがあります。操作装置にはステアリングや変則レバーがあります。衝装置にはコイルスプリングやショックアブソーバーがあります。そのほかにはミラーや火器類、身体障害者操作装置があります。これらのもの以外を交換すると、違反になるので気を付けましょう