改造部分をもとに戻す対策

クルマのカスタマイズを行うことは、いまでは一般的なことです。
カーショップでも、わずかな工賃を払うことで、持ち込みのパーツを組み付けてくれます。
その際に、そのままでは車検に通りませんよとアドバイスをしてくれるはずです。

そもそもカーショップで車検に通らないパーツを販売していたりします。
たとえば有色バルブやウィンカーランプ、車高調やマフラーなどです。
そのままでは車検に通らないパーツでも、構造変更届け出を行っておけば、そのまま車検を通すことが出来るものもあります。
ですが、構造変更しても認められない改造パーツなどは、そのままでは車検を通過できません。
構造変更を届け出ていなければ、NGです。

そのため、車検にクルマを出す前に元に戻すということをします。
パーツの組付け時と同様に、カーショップなどに工賃を支払って元のパーツに戻してもらいます。
元のパーツは持ち込まなければなりません。
もしなくしてしまっていたなら、メーカーから純正パーツを取り寄せて交換してもらう必要があります。

こうした手間をかけたくなければ、パーツ交換をする際に、「車検対応」と書かれたパーツを購入することです。
そのようなパーツは取り付けたままでも車検を通過できます。