改造の指定部品とは?

改造車は従来と比べ規制が緩和されたことにより、特に自動車部品の取り付けにおいては大変自由化されています。とはいっても保安基準は未だ存在しており、その一つに指定部品というものがあります。これは改造者が追加や変更等をする可能性が高いもので、公害の防止上支障がなく、安全が確保されている自動車部品のことを指します。より簡単に言うと一般的に流通していて、公害に支障をきたさず、安全性が確保できているものがこれにあたります。
そのため、一般的な改造車ではなく、ごく一部の暴走族やマニアが好むような部品は含まれていないことが多いです。また、取り付けられてる部品は走行中に落下することがないよう、しっかりと取り付けられていなければなりません。「改造」というとエアロパーツをイメージしがちですが、自動車メーカー自体が改造を行う、いわばオプションのようなものでも改造があり、サンルーフなどがあげられます。
このサンルーフの場合、開放した場合、ルーフの高さから30cm以上突出しないことが義務付けられており、30cm以上突出している場合は違法となります。サンルーフの場合は数字が記載されており分かりやすい条件といえますが、改造の仕方は人によって非常に異なるものです。中には曖昧な条件が記載された部品もあり、ルーフラックなどがその一例で、明らかに手荷物の範囲を超えて積載が可能となる物は不可となっています。