公認をとるという対策

自動車の仕様を変更した場合には、車検が通らなくなる場合があります。外形寸法が代わっているとか、室内の広さが代わっているとかその他様々な変更によって、車検が通らない。つまり整備不良あるいは違法改造になってしまう場合があります。これに対して、整備不良になってしまうような変更はしないのが一般的な対応ですが、そういう構造の変更を申請して正式に登録すればそれで済む場合もあります。そういう申請を公認を取るということがあります。一般的には構造変更検査を受けて変更箇所を登録するか、それより軽微な変更、外見寸法が変わらない、また車両重量が変わらないような変更の場合は記載変更を行います。もちろん申請すれば、どんな改造でも登録できると言うわけでありませんが、異なるエンジンへの換装、外形が変わるような外装パーツの取り付けなども、保安基準等を満たす事で可能な場合が多くあります。乗車店員の変更や、車種用途の変更なども可能になる場合があります。申請には車検を受けなおす手続きがあり、法律的な知識も必要になる場合があり、申請書類の作成も必要ですが、必要なら是非正規に登録するべきです。ただしそれによってか増車扱いになる事があり、その点は注意が必要です。