車検合格のチェックポイント

車検は、検査して「この車は安全だ」と法的に認めてくれる自動車検査登録制度のことを言います。普通自動車も軽自動車も検査の初回は3年目、2回目以降は2年に1度になっています。車検切れの車で走行すると、道路運送車両違反となるので気をつけましょう。車検に合格しないと、運転できないので気を付けましょう。車検を受ける前に、今の車の状態を確かめておきましょう。車検場では外観や内装、機能や装置などチャートに分け合否をします。外観のチェックポイントは灯火装置です。ヘッドライトやテールランプ、バックランプなど装置全てが点灯していないと、不合格になってしまいます。1つでも切れている場合は、電球の交換を行いましょう。タイヤもチェックしておきたいポイントです。溝の残量は1.6㎜以上残っているか確認しましょう。フロントガラスにヒビや損傷がある場合には、補修や交換を行いましょう。バックミラーやシートベルト、ホーンマークやギアパターンなど内装の取り付け具合を確かめましょう。また発煙筒の使用期限が切れていないかも確かめましょう。機能でチェックしておきたいものは、ワイパーやウィンドウォッシャー、警報機、マフラーやドライブシャフトブーツです。