車検不合格の場合はどこをどうすればよいか

車検は自動車検査登録制度とも呼ばれ、排気量を250cc以上の自動二輪車やミニカーや小型特殊自動車以外の自動車を保安基準に満たしているかどうか検査する登録制度の事を言います。車検にはディーラーや整備業者で検査を行うディーラー車検とユーザー車検があります。検査した時に保安基準に満たしていない時には「不合格」になり、道路で運転することができなくなります。このような結果になった時、再検査があります。再検査は検査をした当日であれば2回まで無料で受ける事が出来ます。3回目以降は再度検査手数料を支払わなければいけません。検査スタッフとともに検査を受けた時、検査を受けるユーザー自身が何らかのミスで不適合になった場合は、操作が誤っていることがあります。再検査ではスタッフの指示をちゃんと聞いて操作するようにしましょう。対策は検査スタッフに「ブレーキを離す」と言われるまで、ブレーキを踏み続けましょう。車に不具合箇所が見つかった場合は、修理や調整をしなければいけません。ブレーキランプの灯りが付かない場合、カー用品店やガソリンスタントで取り付けすることが出来ます。調整が必要な場合はテスター屋や整備工場でお願いする必要があります。